プロフィール

1959年 名古屋市生まれ。東海高校、慶応義塾大学経済学部卒業
1983年から1993年まで 東証1部IT企業 株式会社インテック 
 -飛び込み営業歴10年。4年目に「苦労の結果”顧客志向”」に目覚めてからはトップセールスに
1993年 「本格的に経営者のお役に立とう」と、公認会計士を目指す。
1996年 会計士補取得、2001年公認会計士取得
1996年から2007年まで、監査法人勤務-上場企業の会計監査に-
2003年 山田隆明公認会計士事務所開業 -経営コンサルティング・税務-
2004年 ITコーディネータ取得
 -「利益」を管理するには「会計」まで持ってこなければダメと考え、”管理会計パッケージ”の開発に取り組んだ。しかし、これは一社一社違いパッケージ化困難なことに気付き断念した。会計事務所に戻り「お客様第一」をモットーに税務とコンサルティングに-
2018年 経営コンサルティング会社 ”わくわく経営株式会社”創設 代表取締役に。
 -経営コンサルティング業務に専念-
 -また、上場企業2社・監事1法人の社外役員の役職を務め、生の経営に参加-
 *ある会社では、当時の社長のムチャぶりにあきれ、みんなで社長を追い出したこともあった。
 *ほかには、社長が怠け者の営業部長をクビにした途端に全社員が一斉に辞めてしまいびっくりしたこともあった。

 

<現在の職務>
わくわく経営株式会社 代表取締役
(社外役員等)
セーラー万年筆株式会社 (東証二部上場) 取締役 監査等委員
株式会社ヤシマキザイ  (東証二部上場) 取締役 監査等委員
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会CSAJ 監事
その他

「ほっとけない!」(ビジョン)

「このままでは日本は潰れる!」との論評が今日多い。

 

原因は企業業績の悪化にある。

 

経営計画を指導する会計事務所が悪い。
(具体例) 
・経営戦略なし=お客様不在の計画。
・実務知らず=売上を増やしてコストを減らしましょう。算数と実務は違う。
・弱味克服=強みを活かすべき。
・未達の品目を売れ=売れるモノを売ろうとしない。

 

ほっとけない!

基本スタンス・こだわり

<基本スタンス>
・自社の利益を追求するべからず。”追求すべきはお客様の利益”だ。
・コスト削減を図るべからず。”削減すべきはコストでなくムダ”だ。
・受け身ではなく、”経営戦略”を持って攻めの経営をすべき。
・リスクに対応しかつ”安心して経営”できるよう、”キャッシュ”を保持しておくべき。
・社長は、経営戦略、経営計画を必ず自分で立てるべき。

 

<わくわく式のこだわり>
◎顧客志向
 そもそも会社の目的とは、”お客様の要求にお応えし、満足いただくこと“にあります。
 会社の活動は”顧客満足”につながるものを優先すべきです。
◎キャッシュ重視
 経営に重要なのは”利益”より”キャッシュ”です。
 利益という”モノ”はなく、利益では”モノを買えない”からです。
◎リスクに対応
 “経営者の不安”の原因は将来のリスクです。
 ”リスクを数値化して経営計画に盛り込む”ことで不安は和らぐのです。